読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心温まる出来事

日常
先日社内で異動があり、営業から一売り場へと移りテンパりながら頑張っておりますが、閉店近くにとある男の子が話しかけてきました。

カーネーションは何処で買えますか?」

 幸いお花屋さんも併設されているのでお花屋さんまで案内することに。
歩きながら質問してみました。

「1人でカーネーション買いに来たの?」 
「はい。」
「今何年生?」
「小学4年生です。」

ものすごく礼儀正しい子でした。 そしてお花屋さんのスタッフさんにその旨を伝え、接客してもらいました。
 僕が去る時にこんなやり取りが聞こえてきました。 

「予算はどのくらいかな?」 
「1000円なんですけど...」

僕は正直涙堪えてました。
小学4年生にとって1000円は大金なのではないか、それでもお母さんに喜んで欲しくて1人でカーネーションを買いに来てるその綺麗な優しい気持ちがそうさせたのだと思います。

そしてなんとその子はわざわざ僕のところにきて、 

「案内してくれてありがとうございました。」

と言ったのです。

「お母さん、喜んでくれるといいね!」

と心から少年に声をかけました。 
きっとお母さんは、そのカーネーションよりも、カーネーションを抱えてる君の姿を見て心から喜んでくれるよ。
そんなことを思いながら。。

僕は子供はいませんが、こんな子供が欲しいなと人生で初めて思いました。 
とても良い1日でした。
僕に声をかけてくれて本当にありがとう(o^^o)